コースに戻る

【松本まちなか】山国信州を海の民が開拓?安曇族のロマンを辿る

〜 川と流れと集落形成の関係を神社で紐解く 〜

安曇族とは弥生時代に北九州周辺にいた海人族。

この海の民の安曇族が日本海側から河川を下り、ここ山国信州を開拓したと聞くと誰もが驚きます。「安曇野」という地名は安曇族がルーツといわれ、穂高神社では安曇族の神様を今でも大切に祀っており、毎年秋に行われる御船祭りはこの安曇族の移住を物語っていると思うと大変興味深いですよね。

山国松本にて安曇族移住の痕跡を巡るコースの案内役は安曇族研究会の宗像さん。ここでピンと来た方はディープです。そう安曇族と同様、「宗像族」も同じく北九州において繁栄した海の民であり、同じ姓の宗像さんはその子孫(かも)。

これ以上ない案内役と安曇族の歴史ロマンを追いかけます。

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

電話での参加予約: ココブラ運営 株式会社JOHO TEL.0263-35-9800
最初に「ココブラ信州の参加予約申し込み」とお伝えください。

案内人

宗像 章 さん

日本古代史における海人族(安曇族や宗像族)に詳しい。その他、さまざまなプロジェクトや市民活動に積極的に関わる。どぶろく作りの名人でもある。

担当コースを見る

開催日 6月22日(土) 09:00〜12:00
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

あがたの森公園 「あがたの森公園交差点」出入口付近

ルート概要 約4km 1あがたの森 ~ 2筑摩神社 ~ 3大宮神社 ~ 4深志神社
参加費 1,500円 保険料含む。
定員 15名
コースID cbs19-009

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

電話での参加予約: ココブラ運営 株式会社JOHO TEL.0263-35-9800
最初に「ココブラ信州の参加予約申し込み」とお伝えください。



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 最低催行人数は1名です(案内人と同行スタッフ含め計3名)
  • 雨天など天候によるツアーの中止は各コースの内容を鑑みて判断します。中止となる場合は開始1時間前までに登録された電話番号あてにお知らせします。