コースに戻る

【安曇野三郷】黒沢川が住吉神社で消えてなくなる?水との闘いと地形の境界の秘密に迫る☆

〜 尻無川の黒沢川とあづみ野排水路、屋敷林が点在する楡集落を訪ねよう 〜

「安曇野の地形から暮らしにつながる地理を読み解く」Part5は「黒沢川」。黒沢山を源とし住吉神社の手前で尻無川となる黒沢川と、リンゴ畑と水田の境界となる扇状地の地形、屋敷林が点在する楡集落を訪ねます。

扇の形に添って土地利用が明確に区分されている黒沢扇状地。尻無川となる黒沢川の末端には古来より海の神を祀る住吉神社が鎮座しています。平成になると黒沢川の氾濫を防ぐためにあづみ野排水路が整備され、拾ヶ堰交差部でつながる万水川の河川改修も行われました。水の確保と浸水災害という扇状地特有の水との闘いにどのように対処したのか?

安曇野をこよなく愛し、不動産を本業とする土地のプロが、扇状地の地形と土地利用の秘密に迫ります。

 


※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

案内人

宮﨑 崇徳 さん

大学で建築とまちづくりを学び、20代に国内やヨーロッパ各地を一人旅。大学時代に訪れた安曇野の原風景に魅せられ1995年にIターンし、2002年に(有)ライフポート安曇野を設立。空家活用やIターン支援に取り組むと共に、大好きな安曇野で幅広い景観まちづくり活動に関わる。土地と暮らしを扱う不動産のプロとして、「安曇野の地形から暮らしにつながる地理」を読み解きます。

担当コースを見る

開催日 2022年11月12日(土) 09:00〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

三郷サラダ市(安曇野ミルク前)※指定スペースへ駐車可能。参加者へ別途ご案内します。指定スペース外への駐車はできませんのでご注意ください。

ルート概要 約3km 三郷サラダ市 ~ あづみ野排水路 ~ 黒沢川 ~ 屋敷林 ~ 住吉神社 ~ 三郷サラダ市
参加費 2,500円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20221112



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。