コースに戻る

【安曇野堀金】山に向かって流れ、直角に曲がって立体交差?地形から読み解く拾ヶ堰の秘密に迫る☆

〜 開削200年目の2016年に世界かんがい遺産に登録された、拾ヶ堰を訪ねよう 〜

安曇野の地形から暮らしを読み解くシリーズPart2は「拾ヶ堰」。開削200年目の2016年に世界かんがい遺産に登録され、一躍脚光を浴びるようになった安曇野最大の横堰です。

江戸時代の十村を結ぶ拾ヶ堰の完成により、一面の桑畑だった安曇野が豊かな田園地帯への変貌をとげました。奈良井川から烏川に至る約15kmを、どのようにして高低差わずか5m、工期3ヶ月で完成することができたのか?どうして常念岳に向かって流れ、直角に曲がったり、川との立体交差があったりするのか?

安曇野をこよなく愛し、不動産を本業とする土地のプロが、扇状地の地形から見た拾ヶ堰の秘密に迫ります。

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

宮崎 崇徳 さん

大学で建築とまちづくりを学び、20代に国内やヨーロッパ各地を一人旅。大学時代に訪れた安曇野の原風景に魅せられ30代を迎える前にIターン。Iターン経験を生かした「まちとくらしのコンサルティング」として独立すると共に、大好きな安曇野で幅広い景観まちづくり活動に関わる。土地を扱う不動産のプロとして、安曇野の地形の魅力ととっておきの場所を案内します。

担当コースを見る

開催日 11月20日(土) 09:00〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

安曇野市役所堀金支所 正面玄関あたり  ※支所へ駐車可能。周辺に複数の施設があります。集合場所を間違えやすいのでご注意ください。

ルート概要 約3km 安曇野市堀金支所 ~ 万水川 ~ 立体交差 ~ 拾ヶ堰大曲 ~ 堀金支所
参加費 2,000円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs19-013

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 最低催行人数は2名です(案内人と同行スタッフ含め計3~4名)
  • 諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。原則雨天決行。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • ご予約後、こちらからメールをお送りいたします。パソコンからのメール受信が拒否設定になっている場合は、ココブラからのアドレスやドメインを許可にする受信設定をしてください。特にキャリアメール(docomo.ne.jpなどの通信会社から発行されたメールアドレス)をご利用の方々へこちらからのメールが着かない現象が頻発しております。ご注意ください。