コースに戻る

【松本まちなか】松本ハイカラ建築巡り

〜 明治・大正・昭和の松本の姿を今に伝える貴重な洋風建築の歴史を紐解く 〜

ハイカラってことば、最近は日常で使われることも少なくなりましたね。ハイカラは英語の“high collar”から転じた日本語で、西洋風の生活様式全般を指して言う言葉なのだそうです。松本では、明治9年に擬洋風建築の国宝・旧開智学校が誕生して以降、数多くの洋風建築が建築され、近代の松本のまちにハイカラな風景を生み出してきました。時代が流れ、多くは新しく建て替えられてしまいましたが、今でもまちなかを散策するとハイカラな、趣のある古い洋風建築たちとそこかしこで出逢うことが出来ます。

例えば、今年になって国の登録有形文化財に登録された旧松岡医院。木造なのに西洋的な外観はまさに当時の医院建築を代表する、存在感たっぷりの建物です。

今回のツアーはココブラ信州案内人としてすっかりお馴染み、建築家の川上恵一さんのガイドで、まちなかに点在するハイカラ建築を巡ります。とくに旧松岡医院は川上さんご自身のオフィスとして活用されている場所。これまでのツアーでも幾度か立ち寄りましたが、今回は文化財登録記念の意味も込めて、より深く、建物の魅力を掘り下げる予定です。

松本聖十字教会(国登録有形文化財)や普段非公開の洋館見学などもあり、今回でしか体験できない内容も盛りだくさん。ハイカラ建築と触れ合うツアー、ぜひご参加ください。

※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

川上 恵一 さん

地域を代表する建築家。「新しいものを造ることと、古いものを生かすことは同等の価値がある」とし、民家が訴える土着の文化や風土に注意深く目を向け民家再生に情熱を傾けている。かわかみ建築設計室代表。元早稲田大学理工学部建築学科 非常勤講師。2001年「ナワテ通り商店街」で国土交通省手づくり郷土賞など受賞歴多数。

担当コースを見る

開催日 10月11日(月) 09:30〜12:00
開始時間の10分前にはお集まりください。当日の連絡先:090−1615−1440(高松)
集合場所

松本市下町会館前 ※車でお越しの際は近隣の有料駐車場等をご利用ください

ルート概要 約2.5km 松本市下町会館(上土町) ~ 旧松岡医院(かわかみ建築設計室) ~ お医者さま通り ~ 旧猿田邸 ~ 松本市旧司祭館 ~ 松本聖十字教会
参加費 2,000円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs19-0036

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 最低催行人数は2名です(案内人と同行スタッフ含め計3~4名)
  • 諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります(弱い雨程度は催行します)。中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • ご予約後、こちらからメールをお送りいたします。パソコンからのメール受信が拒否設定になっている場合は、ココブラからのアドレスやドメインを許可にする受信設定をしてください。特にキャリアメール(docomo.ne.jpなどの通信会社から発行されたメールアドレス)をご利用の方々へこちらからのメールが着かない現象が頻発しております。ご注意ください。