コースに戻る

【松本】戦国惚けガイドと山城を攻める!初陣入門編7名の侍を募集!

〜 「小笠原系」の丹念な縄張りと遺構の数々を堪能しよう 〜

戦国山城探訪Part.1

城というとみなさん松本城や姫路城のような建造物をイメージすると思いますが、城にも種類があることをご存知ですか?

城は大まかにいうと「山城」「平山城」「平城」に分けられます。
山城:防衛拠点として天然の地形を利用した城。
平城:平地に築かれた城。平和になり領地支配を優先。
平山城:山城、平城両方の特徴を持つ。

信州のみなさんが良く知る松本城は平城に分類されますが、戦国時代(中世)において城といえば「山城」だったんです。

今回訪れる「林小城(山城!)」は、信濃守護小笠原氏の居館があったとされる集落を挟んで林大城の南西の峰に位置します。小笠原氏の威信を誇示する林大城に対して小城は実戦の城で、林大城と比べて遺構が明確に確認できるので、入門編にふさわしい山城と言えます。特に主郭(城の中心)を取り囲む石積みは見事で一見の価値あり!

さあ、信州をはじめ近県の山城を訪れた川崎さんと共に攻め上がりましょう。

参考:林小城が国史跡に追加指定の見込み(松本市 2018年11月21日)

案内人

川崎 克之 さん

愛車にキャンピング用具と釣道具を満載して、磯釣り、渓流釣り、そして鮎釣り、フライフィッシングと釣三昧。
おまけに春は山菜、秋はキノコ狩りと東奔西走していたのも今は昔。最近は安曇族研究と戦国時代の山城巡り、 興趣の赴くままに楽しむ。自称、戦国惚けガイド。

担当コースを見る

開催日 2019年4月27日(土) 09:30〜12:00
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

千鹿頭池駐車場

ルート概要 約3.5km 里山へ登りますので動きやすい服装、靴でお越しください。 1千鹿頭池駐車場 ~ 2広沢寺側登山口 ~ 3竹渓庵跡 ~ 4大手口 ~ 5釜狭間登山口 ~ 6段郭 ~ 7副郭 ~ 8主郭 ~ 9広沢寺側登山口 ~ 10千鹿頭池駐車場
参加費 2,000円 保険料含む。
定員 7名
コースID cbs19-002



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。