コースに戻る

【松本まちなか】城下と在の境を感じ取れ。十王堂探訪ツアー・博労町~餌差町篇

〜 江戸時代の都市計画の痕跡、十王堂を繋いで町の境界をなぞってみる 〜

十王堂とは・・・。
閻魔大王をはじめとする死後の冥界を支配する10人の王が祀られているお堂のこと。
十王堂は各地にあり、特に松本においては城下町を「聖域」とみなし、外敵から守るとともに各地への道のりの基準点として、主要な入り口に建てられ、災害や疫病、邪悪なものが町へ入り込まぬよう、にらみを利かせる役割を担っていました。

今回のツアーは松本城下町に存在した東西南北の十王堂のうち、南の博労町から東の餌差町まで。各十王堂の間の城下と在(城下町の外側)との境界の様子はどのようなものだったのか、かつての姿を思い描きながら十王堂と境界巡りをします。

案内人はココブラ信州初登場、MGプレス編集委員の矢崎幹明さん。2年前から城下町の歴史・文化を掘り下げる記事を執筆していて、今回はその深い考察の一端をお披露目して頂きます。他所の十王堂は、今後シリーズ化があるかも!?



※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

案内人

矢崎 幹明 さん

信濃毎日新聞記者をはじめ新聞社生活50年目。この間、信毎松本本社報道部長、同社副代表などを務めた。2020年春、MGプレス社長を退任後、再び記者に。400年以上の歴史がある城下町・松本で、普段は多くの市民の目に触れることがない身近な歴史・文化遺産、地域にとっての「宝」に光を当てようと、MGプレスで月2回、「松本まちなか遺産めぐり」を連載中。

担当コースを見る

開催日 2022年10月2日(日) 09:00〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

松本駅前記念公園(ホテルブエナビスタ北側) ※車でお越しの際は近隣の有料駐車場等をご利用ください

ルート概要 約2.4km 松本駅前記念公園 ~ 博労町・十王堂 ~ 長沢川 ~ 深志神社 ~源智の井戸 ~ 女鳥羽川 ~ 餌差町・十王堂
参加費 2,500円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20221002



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。