コースに戻る

【松本まちなか】松本城下町誕生の物語を旧武家地エリアで紐解いてみる!

〜 古地図片手に学芸員と行く城下町探訪ツアー北部編 〜

大人気の古地図片手にまちを散策し、城下町の成り立ちを体感してみるツアー。その続編として今回は城下町北部エリアを探訪します。

観光客の溢れる松本城公園や女鳥羽川・中町界隈とは違い、お城より北側となると足を向ける人も多くはないようですが、じつはこの城の北側一帯こそ、城下町が城下町であった時代の匂いを感じ取ることのできる、痕跡満載のエリアなのです。

地形の影響を受けた町割り、小路や水路と辻井戸の関係、そして武家屋敷。大小さまざまな痕跡が残る城下町北部は、まちの歴史を知るにはうってつけ。

案内人は昨年の城下町中心部を巡る古地図ツアーで大好評、ブラタモリ松本編でタモリさんの案内人を務めた学芸員の千賀康孝さん。今回も城下町研究の専門家として、独自の見解も交えながら貴重なお話を聞かせて頂きます。



※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

千賀 康孝 さん

古地図を片手にまちを歩くのが大好きな、歴史研究の専門家。現在は松本市立博物館の学芸員として、現在大名町通りに工事中の新博物館の建設担当として、得意分野を仕事に生かしつつ業務に勤しんでいる。2021年9月、NHK「ブラタモリ松本編」に案内人として出演。タモリさんを相手にした解説がとても分かりやすいと、視聴者にも好評を得ていた。

担当コースを見る

開催日 2022年9月4日(日) 09:00〜12:00
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

松本市立博物館前(博物館は現在閉館中)※車でお越しの際は近隣の有料駐車場等をご利用ください

ルート概要 約3.6km 市立博物館前 ~ 御徒士町(高橋家住宅) ~ 西町 ~東ノ丁(橋倉家住宅) ~ 北門 ~ 市立博物館前
参加費 3,000円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20220904

キャンセル待ち予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。