コースに戻る

【大町】信濃大町の古社・若一王子神社を探訪、神仏習合と廃仏毀釈のリアルとは?

〜 仁科の里の大社、天然記念物の社叢のなかで希少文化財を感じてみる 〜

子ども流鏑馬神事が有名な若一王子神社は、神仏習合の名残りを現代に留め、貴重な歴史遺産の風景を堪能することが出来る古社です。

境内に入ると目につくのは、朱塗りの鳥居と多重塔(三重塔)が並びたつ姿。そして渡り廊下で繋がる神社本殿と観音堂。明治の廃仏毀釈で多くの神社から仏堂が消え去るなか、若一王子神社ではいかにして寺院建築とその信仰が遺されたのか。

重要文化財指定の本殿、長野県宝指定の三重塔と観音堂、廃仏毀釈の生き証人ともいえる十一面観音菩薩立像の残闕(けつ)など、ツアーでは同社ご神官直々に貴重な文化財の数々も案内いただき、普段は閉められている部分の特別公開を含め、神仏習合と廃仏毀釈の歴史に迫ります。

※本ツアーは正式参拝及び御朱印頒布の費用を含みます。
※御朱印手帳への押印も可能です。ご持参される方は必ずツアー申込時、「メッセージ本文」にその旨ご記入下さい。

 


※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

傘木 則興 さん

昭和59年に若一王子神社に入社。同社神官として、また地元大町市美麻に鎮座する千見神明宮を始め26社の宮司として奉務している。宗教研究家や歴史学者とはひと味違う視点での神社案内は必聴。

担当コースを見る

開催日 2022年9月17日(土) 09:30〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

若一王子神社参集殿前 ※駐車場あり、若一王子神社参拝者用駐車場を利用。

ルート概要 約0.3km 若一王子神社境内(本殿、観音堂、三重塔ほか)
参加費 2,800円(正式参拝の初穂料・御朱印代を含む) 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20220917

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。