コースに戻る

【安曇野堀金】山裾に居を構えた安曇郡の大庄屋・山口家の実像とは?

〜 集落の中心ではなく村はずれの山裾に広大な屋敷をもつ山口家。その深い意味と実像に迫ります 〜

江戸時代、松本藩の領内であった安曇郡一帯は幾つかの組に分類され、そのうちのひとつに長尾組がありました。組には小さな村落があり、それぞれに庄屋がいたわけですが、その庄屋をさらに束ねる役割を担う、大庄屋と呼ばれる存在の豪農がいました。そのひとつが今回の舞台となる堀金岩原の大庄屋・山口家です。

しかし、安曇野の最西端で里山の麓に位置する岩原地区のなかにあって、山口家はさらに奥まった、まさに山に張り付くような平地の最奥にその居を構えています。大庄屋も勤めるほどの家格の屋敷がいったいなぜ、村落の中心ではなくこのような村はずれの場所に広大な屋敷を構えることになったのか?

今回の物語の案内人は、地元・岩原地区出身で山口家とも縁の深い百瀬新治さん。江戸時代を通じて務めた庄屋だけでなく、近代以降も明治から昭和にかけて代々村長を務めてきた深い歴史の物語を持つ山口家と、その物語の背景となる烏川や農村の実情を紐解き、安曇野の里山文化に触れる旅に出ます。

※コースは一部未舗装のハイキングルートも含まれます。予めご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

百瀬 新治 さん

自分のふるさとで昔の面影を色濃く残す地域「安曇野市堀金岩原」を盛り上げるため、「岩原の自然と文化を守り育てる会」を立ち上げ、同じ志を持つ仲間たちと精力的に活動中。元小学校教諭の経験から、堅苦しくなく楽しく学ぶことを大切にしている。元豊科郷土博物館館長。

担当コースを見る

開催日 10月16日(土) 09:30〜12:00
開始時間の10分前にはお集まりください。当日の連絡先:090−3877-3076(宮崎)
集合場所

国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区 ガイドセンター(公園中央口)

ルート概要 約2.4km 国営アルプスあづみの公園ガイドセンター ~ 公園内施設 〜 県営烏川渓谷 ~ 山神社 ~ 大庄屋山口家
参加費 2,000円+公園入館料400円 ※国営公園年間パスポートなどお持ちの方は入館料不要です。大庄屋山口家の入館料は参加費に含まれます。 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs19-0031

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 最低催行人数は2名です(案内人と同行スタッフ含め計3~4名)
  • 諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります(弱い雨程度は催行します)。中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • ご予約後、こちらからメールをお送りいたします。パソコンからのメール受信が拒否設定になっている場合は、ココブラからのアドレスやドメインを許可にする受信設定をしてください。特にキャリアメール(docomo.ne.jpなどの通信会社から発行されたメールアドレス)をご利用の方々へこちらからのメールが着かない現象が頻発しております。ご注意ください。