コースに戻る

【安曇野豊科】諏訪湖の300倍の地下水が30年かけて湧き出す?扇状地の地形が生んだ安曇野の湧水の秘密に迫る☆

〜 環境省の「名水百選」選抜総選挙で二冠を達成した、安曇野わさび田湧水群を訪ねよう 〜

「安曇野の地形から暮らしにつながる地理を読み解く」Part3は「わさび田湧水群」。環境省の「名水百選」選抜総選挙(2016)で二冠を達成し、安曇野ふるさと遺産(2020)にも認定された、安曇野わさび田湧水群の最上流部を訪ねます。

わさびの栽培やニジマスの養殖、そして市民10万人の上水を潤す安曇野の地下水。湧水量は1日約70万トン、貯水量は諏訪湖の約300倍と言われ、北アルプスに降った雪が約30年かけて湧き出しています。年間を通して13~15℃で、夏は冷たく、冬は凍らない湧水は、北アルプスがもたらす安曇野の恵みです。

安曇野をこよなく愛し、不動産を本業とする土地のプロが、扇状地の地形が生み出す安曇野の湧水の秘密に迫ります。

※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

案内人

宮﨑 崇徳 さん

大学で建築とまちづくりを学び、20代に国内やヨーロッパ各地を一人旅。大学時代に訪れた安曇野の原風景に魅せられ1995年にIターンし、2002年に(有)ライフポート安曇野を設立。空家活用やIターン支援に取り組むと共に、大好きな安曇野で幅広い景観まちづくり活動に関わる。土地と暮らしを扱う不動産のプロとして、「安曇野の地形から暮らしにつながる地理」を読み解きます。

担当コースを見る

開催日 2021年6月13日(日) 09:00〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。当日の連絡先:090−9141–3516(松本)
集合場所

安曇野の里(田淵行男記念館・ビレッジ安曇野ヨコ)旧売店入口付近 ※駐車場あり

ルート概要 約2.6km 1安曇野の里 ~ 2湧水探索路 ~ 3憩いの池 ~ 4重柳集落 ~ 5安曇野の里
参加費 2,000円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs19-0017



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。