コースに戻る

【松本梓川】河岸段丘アップダウンの旅 なりわいの境界線は段丘崖?

〜 地理教師と訪ねる河岸段丘と複合扇状地。地形と暮らしの密接な関係性とは? 〜

旧梓川村地域は今でこそ松本市の一部ですが、多くの人にとっては“安曇野”の最南部地域という印象が強いと思います。扇状地特有の微かな傾斜を持つこの地区は、同時に大きな高低差をもつ河岸段丘を控えた土地でもあります。

段丘崖の高低差は梓川の急流によって侵食されてできた天然の段差。同地区の暮らしはこうした扇状地や河岸段丘という地形の特徴を克服し、そして活用することが大命題でした。長い年月を経て、現代の私たちが触れることの出来る地域の様子とはいったい?

昨秋開催の本ツアー内容を大幅リニューアル。地形や水と暮らしの関係性がより分かりやすく、楽しめるように工夫しました。安曇野の象徴でもある屋敷林と本棟造の民家の庭先にもお邪魔しつつ、自然地形の成り立ちを縦軸に、人々の暮らしの営みを横軸に、地形と地域のなりわいの偶然と必然の関係性に触れて行きます。



※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

矢花 和成 さん

高校と予備校の地理講師のかたわら、農業と林業を営む。鉄道とバスが趣味で全国各地をテーマを決めて旅行している。地形や水と生活文化との融合や、理系と文系の複眼的な探究を得意としている。

担当コースを見る

開催日 2022年10月29日(土) 09:00〜11:30
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

梓川公民館駐車場

ルート概要 約3.6km 梓川公民館前 ~ 梓川の古民家 ~ 立田堰 ~ 河岸段丘 ~ 収穫間近のリンゴ園 ~ 十五社 ~ 屋敷林の集落 ~ 梓川小学校前
参加費 2,500円 保険料含む。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20221029

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。