コースに戻る

【大町まちなか】「創舎わちがい」の女将がご案内!大町は戦国時代から食材交易の場だった♪

〜 祝・登録有形文化財答申!宿場町探訪と築130年の町家で頂く特別御膳♪ 〜

北アルプスの玄関口・大町市は4つの水系を持つ、湧き水が豊富な山岳都市で、かつて「塩の道・千国街道」にて運搬される食材の交易場として栄えた宿場町でした。

先ごろ国登録有形文化財の答申を受けた「栗林家住宅」。大庄屋の格式を持つ町家でありながら長らく空き家になっていたところ、郷土料理店「創舎わちがい」として2005年に再生。案内人を務める女将の渡邉さんは、なぜ旧家を「わちがい」として蘇らせたのか。そこには渡邉さんの生き方と大町の歴史が密接に関係していました。

また先んじて登録有形文化財となった「塩の道ちょうじや」では、館を運営する(一社)縁家の黒川理事長に案内いただき、塩の道の中核となった宿場町・大町宿の歴史を探訪します。

現在、完全予約制で一日の席数も限定されている「わちがい」の、築130年の町家でいただく郷土料理。本ツアー限定となる特別御膳に舌鼓を打ちつつ、町や店に対する強い思いを込めた女将の言葉に耳を傾けてみましょう。食事のあとにはきっと、大町が違った町に見えてくるはずです。

※料理の写真はイメージです

 


※新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください

案内人

渡邉 充子 さん

大町市生まれ。染織、日本刺繍などで日展、現代工芸展などに出展。若一王子神社祭礼の流鏑馬衣装の制作なども手がけ30代までは工芸作家として過ごす。現在は人生を賭け、時には私財もつぎ込んで大町の歴史文化が香る街の保存と活用に情熱を傾ける。いーずら大町特産館 総務部長、一般社団法人縁家 塩の道ちょうじや 専務理事。

担当コースを見る

開催日 2022年10月21日(金) 10:30〜13:00
開始時間の10分前にはお集まりください。
集合場所

信濃大町駅改札 ※車でお越しの際は商店街の駐車場(無料)や駅前駐車場(有料)をご利用ください。

ルート概要 約1.1km 信濃大町駅 ~ 塩の道ちょうじや ~ 市街探訪 ~ 創舎わちがい
参加費 4,950円 ※参加費4,950円の内訳:ツアー費2,500円、食事代2,450円。 ※食事代2,450円は「創舎わちがい」にて直接のご精算となります。 ※ツアー費には「塩の道ちょうじや」の入館料を含みます。
定員 10名(要予約)
コースID cbs-20221021

参加予約はこちらから FAXで参加予約 利用登録が行えない方はこちらの用紙を
印刷してFAXで予約をしてください



  • 参加費はコース集合時に現金にてお支払い下さい。お釣りが無いようにいただけると助かります。
  • 24時間以内に「受付完了のメール」が届かない場合は、「お問合せ」ページから予約状況を運営へご確認ください。
  • 「受付完了のメール」が、迷惑メールフォルダ等に振り分けられている場合がございます。迷惑メールフォルダ等も必ずご確認下さい。
  • docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、au.com、softbank.ne.jpなど通信会社から発行されたメールアドレスをご利用の方々を対象に、こちらからのメールが届かない現象が頻発しております。ココブラ信州のメール受信を許可する設定を行ってください。
  • 少人数制のツアーにつき、予約後のキャンセルについては極力ご遠慮ください。
    キャンセル料が5日前より発生します。キャンセルポリシーはこちら
  • 原則雨天決行。諸事情や天候によりツアーが中止になる場合があります。荒天やその他諸状況により中止の際は開始1時間前までに電話連絡にてお知らせします。
  • 最低催行人数は4名です。人数が満たない場合は催行を中止いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染防止対策として参加の際はマスクの着用をお願いいたします。また、発熱や咳などの症状がある場合は参加をお控えください。